Islandking custom works

acna.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ハーレー バガーキット 塗装&下地処理

こんにちは。
先日のバガーキットのご紹介に続いて今回も同様にバガーカスタムの内容です。

今日、ご紹介するバガーカスタムは黒色ですので、塗装するに至ってCVOのように色で悩む事は少なかったですね。
a0131521_13343868.jpg


仕上がっているのですが、今回はノーブランドのバガーキットです。
BAD DAD製に比べて、3分の一以下の価格で購入したそうですが、一見、ホドホドに仕上がっているとはお思います。

a0131521_13374044.jpg
これは塗装を始める前の下処理段階ですが、なんかムラムラになっていますよね。
これは、歪み抜きと言う凹凸をなくす為に真っ直ぐなアテ板等を使用して面を出して行く作業です。
あまりにも安価な物で成型が荒い物は少し削るだけで、これだけ酷い物もあります。
この製品は内側のFRPの厚みもまばらで、作業しているだけでクラックが入ってきたりしましたが、もちろん取り付け穴等もずれていて左右のバランスも悪く、とても苦労しました。
FRPとパテを駆使しましたが、かなり重くなってしまうのでオーナーさんとご相談して最終着地点をどこまで持っていくかの見極めが時間かかりました。

a0131521_13454975.jpg
一緒にリアフェンダーも持ち込まれたのですが、こちらも酷い出来でした。
元から取り付け穴はある物の、こちらも簡単には取り付けさせてはくれず穴を開けなおし、元からの穴をFRPで埋め、さらに新品の段階で割れており補強して・・・正直すごく時間がかかりました。
フェンダーの右側にアルミのテールも付けておりますが、裏側の凹凸が激しく、ボルトが真っ直ぐ入らず、裏も一度研いでフラットにしてから取り付けております。


もうここまで行くと、加工工賃も高くなり、安く買った意味が薄れてしまう上に強度にも不安が残ってしまいます。
FRPは強度があって、そこそこ軽く成型し易いのが利点なんですが、重くなってしまう上に、厚さのバラつき、グラスファイバーの中の樹脂の密度が完全には読めないので一応補強はしておりますが、加工した自分自身でもどこで割れてくるかわかりません。


ですので、バガーカスタムする際には高品質なパーツ選びをお勧めします。
その方が作業自体も楽になりますので加工代、塗装代もお安くできます。

もちろん、比較的に安くても製品が良い所もあったりするのですが、ノーブランドの安価な海外製は注意が必要ですので購入する前に、一度はショップさん等に相談するのも良いかと思いますよ~

以上、バガーカスタムの悩み所のご紹介です。






お勧め車両情報

KAWASAKI エストレア フルカスタム

               ↓詳細はこちらから↓
 





twitter やってます

↓出張やイベントやその他の情報も随時更新します!随時NEWSにて更新中↓
   ISLANDKING CUSTOM WORKS WEBSITE   

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ISLANDKING CUSTOM WORKS
大阪府摂津市一津屋3-4-19
tel・fax 06-6195-2776

携帯070-5261-3396
※出張、作業中は固定電話での対応出来ない事がございます。お急ぎの方は携帯又はメールにてお気軽にご連絡下さい。http://islandking.sakura.ne.jp/
mail shimaking0715@gmail.com






カスタムペイント・ピンストライプスクール・大阪・摂津市・ハーレー・アメリカン・塗装・カスタム・ヘルメット・ゴールドリーフ・シルバーリーフ・アイランドキング

by acna-islandking | 2018-06-15 18:00 | other parts | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

pinstrip,custom paint,custom works,


by acna-islandking
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite